• ホーム
  • センター目的・概要
  • 初任期教員のためのポートフォリオシステム
  • 修士レベル対応学修プログラム
  • 卒業生・修了生等フォローアップシステム
  • 京都府・京都市教育委員会との連携事業
  • 研修プログラム
    • ①学校経営改善に関わる講座
    • ②特別支援教育に関わる講座
    • ③その他
  • センター組織と構成員
  • アクセス
  • 京阪奈三教育大学連携事業

お電話でのお問い合わせ 075-644-8276メールでのお問い合わせ

" target="_blank">

センター目的・概要

 

  1. HOME
  2. センター目的・概要

目的

 本センターは、京都府・京都市教育委員会及び公立学校との連携・協働により、現職教員が、日々の授業や日常業務を遂行しながら、本学で修士レベル等の高度な講義等を受けたり、本センターが構築したポートフォリオシステムをWeb上で活用したり、その他、さまざまな研修プログラムに参加したりすることを通して、「教職生活の全体を通じて学び続ける教員」、すなわち初任期から教職キャリアを積み重ねながら自己成長する教員をサポートすることを主な目的としています。
 本センターが設けるこれらのプロジェクトは、既存の大学院教育学研究科や教職大学院のシステムとともに教職の高度化を図る一つの先行モデルとして、そのノウハウと成果を三大学(本学・大阪教育大学・奈良教育大学)で共有するとともに、中長期的には広く全国に展開することをめざしています。また、現職教員の初任期から教職キャリアを積む過程の全体にわたり、必要に即して支援するモデルを京都府教育委員会・京都市教育委員会及び公立学校との協働により構築し、そのノウハウと成果を京阪奈三教育大学で共有することによって、ローカル・レベルからリージョナル・レベルへの事業展開を図ることを目的としています。

概要

 本センターには、「初任期支援部門」と「教職キャリア支援部門」の2つの部門が設置されています。初任期支援部門では、教職大学院及び教育学研究科、学内の既設センターとの連携により、初任期段階等での指導に悩みを抱えている教員を支援するとともに、初任期教員教育の機能向上(例えば、教育委員会と学校との連携モデルの構築及び初任期特有の課題への対応)を目的とするプログラムを開発・実施します。一方、教職キャリア支援部門では、教職生活全体を通じて学び続ける教員を対象として、修士レベルに対応できる学修プログラムを策定するとともに、高度な専門性(例えば、いじめ・不登校・特別支援教育・グローバル教育の現代的諸課題への対応)を養うことを目的とするプログラム、及び教科指導、生徒指導、学級経営を実践する力量を高めるためのプログラムや探究的学習の授業を実践・コーデイネイトする力量を高めるためのプログラム等々を開発・実施します。
 また、その成果を京都府・京都市教育委員会ならびに三大学で連携・共有することにより、教員が自己成長する機会を拡充します。

「学び続ける教員をサポート!!」 in 京都


ページTOPへ